体験談

Y.H.さん 国立台南大学 演劇創作応用学科 進学 (仙台白百合学園高校 出身)

 私が台湾への留学について知ったのは高校2年生の夏頃でした。サポートセンター主催の相談会参加ののち、この新しい取り込みについて自分も参加してみたいと思うようになり台湾進学予備校に通い始めました。私は始め中国語は漢字だけなので日本人にとってとても学びやすい言語であると感じていました。しかし実際は紙面上の文法の読解やパズルのような作文だけでは不十分で、中国語独特の発音そして聞き取りをマスターするには自発的な言語コミュニケーションが不可欠だと感じるようになりました。台湾人は日本人に比べとても自己開示できている人、建前やお世辞ではなく積極的な本音の意見をはっきり発言できる人がとても多いように感じます。なので、そんな台湾人の予備校の先生を前にひっこみ事案の私はいつもたじろいでばかりいました。しかし、逆にそのおかげか、保守的な社交環境にしかいられなかった私も授業中の自発的発言も今では普通のこととしてできるようになりました。台湾大学進学予備校の先生はみんな台湾人の方で、日頃から中国語の会話の練習を常にできる環境にあったことは本当に幸運で有り難いことだったと痛感しています。これから、台湾の大学に留学する上では予備校で学んだことを基礎に自分の今の言語能力に満足せず日々向上心を持って勉強に取り組んでいきたいと思います。(仙台校)

M.R.さん 中国医薬大学 中医学科 進学 (日本大学三島高校 出身)

 台湾の医学部に進学を希望して早一年、サポートセンターの方々、台湾進学予備校の先生方には大変お世話になりました。中国語は0からのスタートで不安はあったものの、丁寧な指導のおかげでここまで成長でき、また、私は現地での面接があったため、守谷校での集中特訓を受けたのですが、そこでも事細かく面倒をみてもらえ、無事合格も出来たこと、大変感謝しております。合格後渡航、入学の準備もしっかりと手配してくださったり、様々な点でも相談にのって頂けたので、出発まで自分の勉強に専念する事も出来ました。そして、教室にはいろいろな背景で集った学生たちが切磋琢磨して一緒に勉強する事でとても良い刺激になったし、中国語以外でも様々な事を学ぶ事ができたので大変貴重な経験をさせて頂きました。留学後、たくさんの苦労に直面すると思いますが、この一年間を糧に頑張っていこうと思います。ありがとうございました。(秋葉原校/守谷校)

K.K.さん 国立台北大学 企業管理学科 進学 (大阪府立住吉高校 出身)

 2年生の頃から台湾進学を考え始めましたが、部活動や学校行事のため実際には高校3年生の6月からこの予備校に入りました。9月には台湾に行かれるすでに中国語堪能な先輩方の中に当時は全く理解できない状態で入り、正直触れたこともない中国語は難しすぎて不安しかありませんでした。しかし少人数制だったこともあり、先輩方も先生方も優しく解りやすく教えて下さり、乗り越える事ができました。先輩方の渡航後、基礎からみっちり教えなおしていただき、自分でもわかるほど成長でき理解できる事が増え、より一層楽しくなりました。言語というのは結果が形には出にくいので成長がわからず苦しんだ時期もありましたが、毎日8時間授業を行った事により中国語だけでなく忍耐力や集中力、同じ経験を共にした頼れる友達など多くを得る事がができました。短期間で言語を学ぶのはなかなか大変な経験でしたが乗り越えて得たものは大きかったと思います。(新大阪校)

T.Y.さん 銘傳大学 応用英語学科 進学 (愛知県立千種高校 出身)

 私は高校三年生の10月から予備校に通い始めたので、高校卒業後は平日毎日8時間、中国語のレッスンを受ける必要がありました。友人にこのことを言うと、皆「よく耐えられるね。」と言います。確かに大変そうに聞こえますが、実際は和気藹々とした雰囲気での授業はとても楽しく、毎日8時間通っても全く苦になりませんでした。また私のクラスは少人数だったので発言しやすく、疑問があればすぐ先生に質問できたのでより早く中国語が上達できたと思います。先生方の教え方も親身でとても分かりやすく、休憩時間にも中国語で話しかけてくれたので会話の練習になりました。10ヶ月間の勉強量でどれだけ授業や友人との会話が理解できるかわかりませんが、積極的に自ら色々な事にチャレンジしていきたいと思います。(名古屋校)

Y.Y.さん 静宜大学 企業管理学科 進学 (福岡雙葉高校 出身)

 この半年間は毎日が新しい発見であり、学びでした。初めての寮生活、新しい土地、今までの環境から離れた一からのスタートは私を心身ともに大きく成長させました。勿論、来る前は両親含む自分自身にも不安は大きく、悩みました。しかし私の選んだ道は間違っていませんでした。私はここで言語を学ぶことの楽しさや勉強の意味を教わった他に、共同生活・自立することの難しさを体感することができました。実際の所、一人家を出てやっと初めて自分がどれほど母親に頼っていたのか気づくものです。「可愛い子には旅させよ」といいますが、まさにその通りです。私は本当に守谷校での新しい生活を通し、精神面・学習面を鍛えることができたと思っています。また、予備校の先生方は真の生徒思いで、私はそんな先生方にどれほど支えられてきたことか計り知れません。きっと私は一生予備校での思い出を忘れることはできません。どんな辛い時であれ、いつも周りに仲間や先生方の存在があったからこそ乗り越えられてきました。今や感謝の気持ちでいっぱいです。この先も夢に向かって走り続け、いつか良き報告が出来るよう日々努力に励みたいと思います。(守谷校)

W.K.さん 義守大学 観光学科 進学 (東京都立上水高校 出身)

  私は高校三年の10月から予備校に入りました。最初は学習進度が遅く、自分でも不安でした。しかし、予備校の先生がそんな私を見離すことなく丁寧に教えてくださったおかげで、徐々に上達していくことができました。予備校で学習している中で一番よかったと感じることは、何より台湾人の先生に教えてもらえるということでした。台湾で生まれ育ち、自らも台湾の大学に通ったという人に教わることができるので、言語以外にも様々なことを学ぶことができ、実際に行く前に台湾のことを知ることができたので本当に良かったです。また大学を選ぶ際には、定期的に行われるテストや個人面談などを通して生徒一人一人に合ったアドバイスを頂けたので安心しました。(秋葉原校)

S.C.さん 国立中興大学 マーケティング学科 進学 (桃山学院高校 出身)

 日本ではまだ馴染みのない台湾の大学へ正規入学に、はじめは家族も私自身も不安がありました。ましてや私がこの予備校に入学する前に知っていた中国語はニーハオとウォーアイニー程度。だけれどやっぱりこのグローバル社会で英語と中国語は喋れるようになりたい!と意気込んで予備校の相談会に参加しました。その時は留学生のための中国語学科で専門的に中国語を学ぼうと考えていましたが、4年間の留学生活で語学力は十分に学べるので自分の学びたい分野の学科へ進学したらどうかと仰っていただき、マーケティング学部の進学が決まりました。中国語に加え、以前から興味があったマーケティングの勉強が出来るのでとても嬉しいです。この予備校の先生は全員台湾人なのでネイティブの中国語に触れることができます。授業ではiPadを使うので、その日の授業内容をそのまま家で復習することができます。また教科書を持ち歩く必要がないので学校帰りに予備校へ行くときも便利です。定期的に単語と文法の小テスト、電話テストなどで自分の実力を見ることができます。予備校の授業は一コマ4時間で(※現在は一コマ3時間と5時間です)、卒業後は毎日8時間授業の生徒も少なくありません。最初はかなり大変だと思います。ただ授業時間を重ね、知っている単語が増えるほど授業は楽しくなっていくと思います。(新大阪校)