受講時間・料金案内

費用例

平成26年9月より、受講料の支払い方法が変更になりました。
1.全額一括払い  2.二回払い  3.毎月均等払い
上記のお支払方法の中から、何れかを選択していただきます。

一般コースの場合の費用例ダウンロード

合宿コースの場合の費用例ダウンロード

 受講時間数は途中で追加が可能となります。
 高校卒業直後から受講開始し、浪人せずにその年の9月に入学することも可能です。
 遠方の方は、卒業後合宿コースに参加して、800~1200時間の履修が可能です。台湾留学サポートセンターからの推薦で大学に進学する場合、1年目の学費約35万円が免除に出来る大学が多数ありますので、下宿代分も相殺されることになります。

 
費用概算
2014年3月現在 (単位:万円)

 台湾の費用だけは、当校の予備校費が加算されています。
 日本の国立・私立の費用は、自宅通学の場合で計算されています。
 昨年度進学した卒業生の約60%は、初年度の授業料や寮費(平均35万円)が免除になる給付奨学金を獲得しています。